カートの中身を見る
カートの中に商品はありません

名前

どーなつ店長

メモ

「sowseed〜ソーシード」は、種をまくという意味から店名につけました。 布で小さなしあわせをお届けしたい、と日々製作に励んでおります。 ブログものぞいてみてくださいね。


店長日記はこちら

ご購入者様の声
sowseedのアップリケについて
アップリケの作り方☆
モバイルショップ
↓こちらからどうぞ
QRコード





sowseedのアップリケについて
いちごジャムトーストのアップリケ拡大画像
sowseedのアップリケは、ひとつひとつていねいに手づくりしています。
アップリケといっても、その作り方、方法はさまざま。
裁ち切りをミシンでかがったワッペンのようなものや、フェルト製を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。
フェルトのやさしい手触りも大好きで、新商品のケーキ&プリン型小物入れやドーナツストラップなど、よく使う素材ではあります。
ハリがあって、切りっぱなしでいいので、ケーキ&プリン型小物入れのように細かく立体的なものを作るには最適です。 でも、最近は増えてきたものの、どうしても色が限られてくるんですよね。

sowseedのアップリケでは主に綿布を用いています。
イラストから型紙をおこし、図柄にぬいしろをつけて裁ち、ぐしぬいしてぬいしろを折り込み、下になるパーツから順に土台布にまつりつけていきます。
どんなにちっちゃいプチトマトでも、目玉焼きでも、ぬいしろがあるんですよ。
とても、手間のかかる方法なのかもしれません。
それぞれの作業に、それなりに時間もかかります。
でもね、この作り方が好きなんです。

真っ白な紙にイラストを描くのも、どの色の布を使おうか、プリント柄をどういかそうかとあれこれ考えるのも、
ちまちま、ちくちく縫うのも。
どの作業も楽しくて、これをどんな方が手にするのかな、よろこんでもらえるかしら、と想像するだけでわくわくします。

そうしてつくったアップリケは、ぬいしろのおかげでちょっぴり立体的な、こんもりとしたかわいらしい仕上がりになるのです。

何より丈夫。布の端を折り込んであるので、ほつれてくることもありません。毎日のお洗濯も大丈夫。普段使いのものだからこそ、そこも大事なポイントです。 しまいこまずに、長く使ってもらいたいから。

sowseedのアップリケ、今後もアンテナをピピピッと張り巡らせて、 いろんなものをモチーフに、他にはないオリジナルのものを作っていきたいと思います。


               sowseedのアップリケの作り方をご紹介しています。こちらからどうぞ♪